イメージを変える

a woman is sad

バイアグラやレビトラなどのED治療薬は勃起不全で悩む男性を救う重要な治療薬です。ですが、一般的にはネガティブなイメージを持たれていることも少なくありません。その中には、精力の弱い男性が自己満足のために利用しているというものや、年を取っても性の快楽を求めるなんて情けないといったものがあります。これらの意見を持つ人は自分が勃起不全で悩んだことがないんです。人事だからいえることです。実際に勃起不全でED治療薬を必要としている男性はもっと切羽詰まった思いを持っています。これ以上ED治療薬に対するネガティブなイメージが広がるようなことになれば、日本全体にとっても良いことはありません。
これから日本はどんどん高齢化が進みます。そんな日本をいかに元気にしていくかは、どれだけ元気な高齢者が増えるかということにかかっているんです。そのためには、男性の力の源である性の部分を充実させていく必要があります。そのためには、ED治療薬を積極的に利用できる雰囲気を作っていく必要があるんです。
高齢者であってもED治療薬を利用することで勃起が可能になれば、アダルト作品やアダルト店を利用することもあるでしょう。女性を食事に誘ったり、そのために洋服を買ったりということもあるはずです。EDを克服するだけで、いろんな行動に結びついていくんです。これらは、経済効果の観点から見ても大きなメリットがあるんです。
ED治療薬にネガティブなイメージを持つことは、日本の将来のためにもよくありません。もっとポジティブなイメージをつけて、利用しやすい環境を作ることが大事なんです。